ポイントカードを持ってはいるが、なかなか使用する機会がないのが現状だ

アメリカの小売業では期間限定ポイントや電子マネーなどのウォレットを活用して、業績を良くしたり顧客の数を増やしたりするなど、とても重要視している。一方日本の小売業では、ポイントや電子マネーなどを導入しているが、顧客の増加につながる期間限定ポイントをインターネット上のショッピングサイトのみしか使っておらず、電子マネーのポイント還元もない。筆者は業績の悪い小売店に対して期間限定ポイントや電子マネーなどのウォレットの有効活用を提案した。私が読んだこのビジネスニュースは商取引におけるアメリカと日本のポイントを含めたウォレット活用の考えの違いを述べたものである。私はこの記事を読んで、アメリカの先駆的な考え方に驚いた。私は何か商品を購入するに当たって、その場で現金で決済することが多く、ウォレットなどを活用したことはない。ポイントカードを持ってはいるが、なかなか使用する機会がないのが現状だ。もしかすると、実はもったいないことをしていたのかもしれない。商店などを運営する業者も、時には消費者になることもある。そのため、どうすれば顧客を増やしたり、業績を伸ばしたりすることができるのかと考えるときに、まずどうすれば消費者は得をしたと感じるのか、まずここが出発点なのだと思った。アメリカではこの考え方が非常に進んでいると感じた。一方、日本も伝統的な商取引における考え方というのもあると思う。私も購入するときに使うポイントはあくまでおまけであり、ウォレットも普通に現金決済となんら変わらないだろうという考え方だった。しかし、経済状況が不透明な中、このアメリカの例は非常に日本にとっては有益なものだと思う。私はビジネス分野には詳しくなく、ウォレットを使用したこともないので、読んでいてニュース内容を理解するのがなかなか難しかった。しかし、ビジネス分野も含め、国内のさまざまな問題に対応するとき、外国の例をうまく自国に活用することができれば、問題解決の糸口にはなるのではないかということを理解することができた。


Copyright © ウォレットに関するビジネスニュースの感想 All Right Reserved