その割合は飲食店など、他の分野のフランチャイズ契約と比べてもかなり高額に設定されています

ビジネスの世界だけでなく、インターネットの世界でもグーグルと言えば、圧倒的な存在感を持っています。ネットで検索することをググると言うように、検索エンジンにおいても大きなシェアを持っています。そんなグーグルに関して、その独自の仕事術である「スプリント」に関するニュースが報道されてました。スプリントというのは、短距離走を意味することが多いと思いますが、ビジネスニュースで取り上げられていたスプリントというのは短期間で成果を生み出す独自の仕事術と言えます。この方法はグーグルで始められ、その後、シリコンバレーの企業が次々に採用して実践していった方法です。具体的には、たったの5日で商品開発などを行ってしまうというもので、まさにスプリントと呼ばれるように短期勝負の仕事術なのです。企業においては、非効率な会議などにより、仕事が前に進んでいないことが多かったりします。メール対応だけに追われてしまったりすると、内容のある仕事がほとんどできていないというケースもよくあります。それを防ぐスプリントと呼ばれる方法では、5日間で商品開発などのタスクを完成させることを目指しています。この方法の特色はいろいろありますが、その一つは集中にあります。この5日間の期間はメールを禁止するなど、他のタスクに時間を費やないようにしています。また、メンバーは7人以下にするなど少人数制を取っています。選ばれるメンバーは各分野の専門家が集まり、決定をするリーダーを1人にするなど、意志決定のプロセスを効率的に進めるようにしています。そして、5日間の間でやるべきことを決めて、後は着々と実行していくことになります。例えば、アイデアを出す日や試作品を作る日など、それぞれ割り当てられた目的に従って、業務を実行していきます。このスプリントを行うためには、メンバーのスケジュールをしっかりと調整して、この期間の間はスプリントの業務に集中できる体制を整えることが必要です。


Copyright © スプリントに関するビジネスニュース All Right Reserved